リッツカールトンにマリオットポイントで無料宿泊!必要ポイント数まとめ【2018年版】

リッツカールトン

SPGアメックス(マリオットボンヴォイアメックス)を取得しステータスマッチを行う事で誰でもリッツカールトンのゴールド資格であるゴールドエリートを取得可能だという事はご存じでしょうか?

あのリッツカールトンの上級会員になれるのです!そんな素晴らしい権利をクレジットカードを取得するだけで得る事が出来るってなんてすごい事なのでしょうか!

この記事では日本全国にあるリッツカールトン宿泊する為に必要なポイント数についてまとめました。我が家では一生縁のないと思っていたリッツカールトン沖縄にもSPGアメックス(マリオットボンヴォイアメックス)を取得したおかげで取得半年もたたずにお部屋もアップグレードして頂き宿泊する事が出来ました。

リッツカールトンホテルのカテゴリー・必要ポイント数一覧 2018年版

リッツカールトン
日本にあるザ・リッツ・カールトンホテルはカテゴリでは7と8になります。このカテゴリーは数字が大きくなるほどランクが高くなり、無料宿泊に必要なポイントは下記の通りとなっています。

ザクラス
ただしこの時期による必要ポイント数が変更になるのは2019年からとなります。変更になるまでの予約は全てスタンダードで利用可能です。またカテゴリー8については同時期までカテゴリー7と同じ60,000ポイントで宿泊可能です。
ホテルカテゴリー リッツカールトンホテル名称 スタンダードポイント数 他期間ポイント数
7 ザ・リッツ・カールトン大阪 (大阪)
ザ・リッツ・カールトン 大阪 の口コミ等(TripAdvisor)
60,000ポイント 50,000/70,000ポイント
7 ザ・リッツ・カールトン沖縄 (沖縄)
ザ・リッツカールトン沖縄の口コミ等(TripAdvisor)
60,000ポイント 50,000/70,000ポイント
8 ザ・リッツ・カールトン京都 (京都)
ザ・リッツ・カールトン 京都 の口コミ等(TripAdvisor)
85,000ポイント 70,000/100,000ポイント
ザ・リッツ・カールトン東京(東京)
ザ・リッツ・カールトン東京 の口コミ等(TripAdvisor)

ポイントでクラブレベルにアップグレード

リッツカールトンではプラチナ会員でも朝食が付かないプランや、ポイント利用での宿泊では朝食は無料ではなく支払いをして朝食を頂く必要があります。

ちなみにザ・リッツカールトン大阪の朝食はでは1名税込で4,000円以上となり、2名の小学生の子連れであればポイント無料宿泊でも朝食代のみで家族4名で17,000円ほどかかる事となります。

[voice icon=”https://jcb-the-class.com/wp-content/uploads/2017/04/cre1.jpg” name=”ザクラス” type=”r”]現在はポイントでのクラブフロアへのアップグレードは中止中となっています。今後どうなるかも未定との事で、現在は現金であればアップグレード可能の状態となります。[/voice]

しかしポイントでクラブレベルにアップグレードという形をとると非常にお得に滞在が可能となるのです。クラブフロアへのアップグレードに必要なポイントは下記の通りとなります。

必要ポイント〇ザ・リッツカールトン東京:20,000ポイント(クラブデラックス)
〇ザ・リッツカールトン大阪:30,000ポイント(クラブスーペリアルーム)

ただし添い寝の子供(6~12歳)がクラブラウンジを利用する場合は別途1名4,968円かかりますので、2名の子連れであれば9,936円別途かかりますので、ポイント30,000ポイントに現金9,936円追加する事でクラブレベルの利用が出来る事になります。

[aside type=”boader”] ザ・リッツカールトン大阪では12歳までの子供は添い寝が無料で可能となります。[/aside]

お得に宿泊可能なリッツカールトン・リワード ポイントセーバーとは?

リッツカールトン・リワード ポイントセーバーという制度があります。非常にお得に宿泊出来る制度となります。これは、特定日に必要なマリオット・リワード ポイント数が1カテゴリー分少なく宿泊出来るものとなります。


日程等は限られ特定日のみとなりますが日程が合えば非常にお得な制度となります。例えば日本での最高ホテルティア5であるザ・リッツ・カールトン東京や京都では無料宿泊に必要なリワードポイントは70,000ポイントとなりますが、それが60,000ポイントで宿泊可能となるのです。

[voice icon=”https://jcb-the-class.com/wp-content/uploads/2017/04/cre1.jpg” name=”ザクラス” type=”l”]現在ではマリオットグループの統合に伴いポイントセーバーリワードは廃止になりました。[/voice] スポンサードリンク

リッツカールトン沖縄に行ってきました

ザ・リッツカールトン沖縄で過ごした時間は、これまで行った沖縄旅行とは異なり帰ってきてすぐに沖縄に行きたくなる事なんてなかったのに、またすぐに行きたくなる気持ちにさせてくれる体験ばかりでした。

水盤に囲まれたリッツカールトン沖縄、8月の真夏の訪問は暑かったけど最高の時間でした!

こんな夜景も楽しめ、しかも子連れが沢山いらっしゃいました。ブログでも子連れで訪問した方も沢山アップされており事前に分かってはいたものの安心して過ごす事が出来ました。

リッツカールトン沖縄旅行記

2017年8月にザ・リッツ・カールトン沖縄に行ってきた宿泊記となります。
https://jcb-the-class.com/okinawaupgrade/

リッツカールトンのゴールドエリート会員資格とは?

SPGアメックス(マリオットボンヴォイアメックス)を所有しているだけでステータスマッチして取得可能なリッツカールトンゴールドエリート会員特典は非常に素晴らしいものとなります。

[aside type=”boader”] ザ・リッツ・カールトンのゴールドエリート会員特典
・2時間のチェックアウト延長(チェックアウト日の朝の延長リクエストで状況に応じて。リゾートは除く)
・部屋のアップグレード(状況に応じて。ただしスイート、クラブ客室、クラブスイートは除く)
・無料インターネットアクセス
・特別提供(ザ・リッツ・カールトンおよびトラベルパートナーからの一年を通した特別提供)
・その他[/aside]

リッツカールトンにポイントで無料宿泊可能なSPGアメックス(マリオットボンヴォイアメックス)とは?

SPGアメックス(マリオットボンヴォイアメックス) 審査
私が現在活用しているクレジットカードとしてJCBザクラスと併用して使用しているクレジットカードとしてSPGアメックス(マリオットボンヴォイアメックス)があります。ザクラスのメンバーズセレクションと同様のプレゼントサービスがあるアメックスのクレカとなります。

そのSPGアメックス(マリオットボンヴォイアメックス)更新時のプレゼントはなんと無料宿泊券なのです。SPGホテルグループで使用出来る宿泊券は最大価値としてSPGアメックス(マリオットボンヴォイアメックス)の年会費を上回るものとなり、非常にコストパフォーマンスが優れています。
https://jcb-the-class.com/spgamex/

この無料宿泊券は国内のSPGグループホテル(シェラトン、ウェスティン、セントレジンス等)のほぼ全てで使用出来、無料宿泊券利用の除外日がないのが特徴となっています。これって凄いですよね。非常にレートが上がる土日、GW、夏休みでも使用する事が可能なのです。

またSPGアメックス(マリオットボンヴォイアメックス)を所有しているだけでSPGホテルグループ(シェラトン、セントレジンス、ウェスティン等)、マリオットホテル、リッツカールトンの上級会員資格を得る事が出来るのです。

シェラトングランデ東京ベイホテル
またSPGアメックス(マリオットボンヴォイアメックス)紹介入会特典ポイント36,000ポイントプレゼントを利用して家族4人で舞浜にあるシェラトンのクラブルームに宿泊もする事が出来ました。ディズニーに泊まりで家族全員でおでかけして贅沢もいいものです。
https://jcb-the-class.com/spgtokyobay/

スポンサードリンク

リッツカールトンにポイントで無料宿泊!必要ポイント数まとめ

リッツカールトン
クレジットカードであるSPGアメックス(マリオットボンヴォイアメックス)を取得して得られる入会ポイントは紹介制度を利用する事で36,000ポイントにもなります。

SPGアメックス(マリオットボンヴォイアメックス)を取得するだけで、その入会特典ポイントだけで軽井沢マリオットなどのマリオットホテルに無料で宿泊が可能になってしまうって凄いですよね!

通常での宿泊費は様々なプランが用意されていますが5万円を大きく超える料金となりますのでどれだけお得なのかがおわかり頂けますでしょうか。

しかもただ泊まれるという訳ではなくマリオットグループの上級会員として泊まる事が可能なのです。この一度このホテルでの優待滞在を経験してしまうともうたまりません。ほんとクセになるぐらい快適です。是非あなたもSPGアメックス(マリオットボンヴォイアメックス)を取得してこの世界を味わってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です