仮想通貨取引所おすすめ厳選3社!最初に開設すべき理由と実際の使い分けを紹介

仮想通貨取引所 おすすめ

仮想通貨の取引を開始するにあたりまずは取引所に口座を開設する必要があります。取引所の口座開設といっても口座開設はネット上で完結する事が出来るってご存知でしたでしょうか?

取引所は国内、海外と多数ありどこに口座を開設すればいいのか迷ってしまう方も多く、仮想通貨取引を開始するにあたり初心者が開設すべき3つの取引所を紹介します。

まずはこの3つの取引所に口座を開設し、仮想通貨取引を実際にしてみる事からはじめてみましょう。複数の取引所に口座を開く事により使い訳をする事もよりわかるようになってくるかと思います。

仮想通貨取引所口座開設をしよう

仮想通貨通貨の取引を行っている人が徐々に増えてきています。私の周りでもチラホラとあらわれてきています。話はしていなかったけど実は取引しているんだって人もいるんです。

しかしちょっと話をしてみるとこんな話をしている友人がほとんどでした。

友人
どこで取引しているって?Zaifって所だよ。他にも出来る所があるの?特にZaifに決めた理由はないけど検索して出てきたから。

そうです、ほとんどの友人が1つの取引所のみで取引を行っていたのです。多かったのがZaifですね。またちょうど先週から何人かがお笑いタレントの出川さんがCMに出演しているコインチェックに口座を作ったと言っていました。

でも大抵の方は複数の取引所に口座開設しようとは思わないですよね。Zaifでの取り扱いはトークンも含めると10種類以上ありますし、コインチェックも10種類以上の複数の仮想通貨トレードが可能となっていますので。

しかしながら取引所によっては取扱いがない仮想通貨があるのです。例えばZaifではXRP(リップル)の取り扱いがありませんが、コインチェックではあります!といった感じです。

ザクラス
チャンスを逃さない為にも複数の取引所に口座を開設する事が非常に重要になるのです。例えばXRP(リップル)が12月に30円前後から100円まで高騰しましたが、Zaifのみにしか口座がないと取引する事が出来なかったのです。

仮想通貨取引まずはじめに開設すべき3つの取引所

仮想通貨取引を開始するにあたり複数の取引所を開設した方がいい、というか開設すべき理由がわかったかと思います。であれば取引所が多数ある中でどの取引所に口座開設をすればいいか説明していきます。

取引所は日本国内と海外と分けられますが、現在は日本国内の取引所でないと日本円での取引をする事が出来ない事から日本国内にある取引所に口座開設を行います。その中でも大手である次の3つをおすすめします。

Zaif(ザイフ)(国内)

Zaifコイン積立の方法
Zaif(ザイフ)は、現在私がもっともオススメする取引所となります。その大きな理由の一つとして、ZaifにしかないZaifコイン積立という積立取引が可能なのです。

ザクラス
毎月1,000円から可能であり、設定した金額を分割して毎日定額分買い付けてくれる、仮想通貨積立となり、この上下動が大きく長期的に上昇傾向のある仮想通貨相場では非常に有利な取引方法です。私は月に40,000円分行っています。

*現在は2週間程度で本人確認終了となっているようです。現在、想定を大幅に上回る口座開設希望者により口座開設完了までに1か月程度かかっています。よって申し込みは少しでも早い方がいいかと思います。同時にコインチェック等の口座開設をオススメします。

無理ない金額で、かつ自分で取引しなくてもいい事から、月1回だけ飲みに行くのを我慢したお金でこのコイン積立を始めた同僚もいます。これ正解だと私は思っています。きっと数年後に大きな資産になっているのでは。。。

>>>Zaifコイン積立とは?月1000円から仮想通貨投資が可能、メリットとデメリットを完全解説

zaif
Zaifの登録方法は非常に簡単で10分程度で完了します。仮想通貨取引を行う為には口座開設が必要となります。まずネット上でユーザー登録、本人確認を行い、その後登録住所に本人確認コード

コインチェック(国内)

コインチェック 申し込み
コインチェックといえば出川哲郎さんのCMで一躍有名になった取引所ですね。CMで有名になったからという訳ではなく、この取引所の特徴として大きく2つあります。

1つ目は取扱い仮想通貨の数が多いという事、2つ目はスマホアプリの出来が非常にいい事です。スマホで価格チェックをする方は多いかと思いますが、資産状況を円グラフで表示出来り、注文方法等のマニュアル等なしでわかるぐらいの出来となっています。

スポンサードリンク

申込者が殺到している現在でも数日以内に本人確認が完了するスムーズさで口座開設が可能となっています。

ザクラス
XRP(リップル)の購入が可能なコインチェック、スマホアプリの資産管理は見やすいし、まず口座を作成する国内取引所の1つとして必須です。口座開設にも時間がかかりますので一度に作成をおすすめしています。

BINANCE(バイナンス)(海外)

Binance(バイナンス)口座開設
BINANCE(バイナンス)は海外の取引所になりますが日本語に対応している為、私のような英語がまるっきり出来ない方でも取引が問題なくスムーズに出来、また日本の取引所で扱いがない多数のアルトコインを取り扱っている事からいつくるかわからないチャンスに乗る為に口座開設が必須となります。

取引手数料が安く、メールアドレスだけで登録が可能な手軽さであり、このバイナンスが24時間の仮想通貨取引高で全世界1位となった事からも存在感のある取引所となり、さらに登録すべき取引所の1つとなりました。

BINANCE(バイナンス)は24時間の取扱高が一時的に全世界で1位になった今一番勢いがあり手数料が安い、アプリが使い易い、取引できる仮想通貨の数が多いなど様々なメリットがある日本

番外編

当初はベスト3にランクインしていたGMOコインですが、送金手数料が無料なのはいいのですが、取扱い仮想通貨の数が少なく人気はあまり上がっていない状態であり、ランク外に変更しました。

GMOコイン

gmoコイン
GMOコインは後発ではありますが、信頼のおけるGMOインターネット(東証一部上場)グループが運営しています。こちらは取引所ではなく販売所形式をとっていますが、他の取引所と比較しても取引価格はそれほど変わりない事が多く、Zaifなどの販売所よりもBTC(ビットコイン)価格が安い事もあります。

取引所と販売所の違いとは?●販売所
 運営会社から仮想通貨を購入する場
●取引所
 取引者同士が直接売買する場

このGMOコインの大きな特徴として各種手数料が無料という事があげらえます。取引手数料(売買)だけでなく、日本円の入出金、そして仮想通貨の出金手数料まで無料となるのです。

これは、次におすすめするBINANCE(バイナンス)で取扱いがあるビットコイン以外のアルトコインと呼ばれている仮想通貨取引を行う為には日本円ではなくビットコインが必要となります。そのビットコインをGMOコインで調達して、バイナンスに送金する事が無料で行う事が出来るのです。

ザクラス
例えばZaifからビットコインを出金するにはとの時々により前後はありますが、通常送金で0.001BTCかかります。ビットコインが200万円であった場合、2,000円の送金手数料がかかる事となります。

GMOコインは、取引可能な仮想通貨はZaifより少ないのですが、Zaifで取扱いがないXRP(リップル)の取り扱いもあり、最初に開設すべきです。また現在、口座開設完了まで非常に早く完了する事から少しでも早く取引をしたい方にもオススメです。

gmoコイン
仮想通貨投資を始めてみました!複数に口座開設を行ったのですが今回はGMOコインの登録方法についてわかりやすく解説したいと思います。 GMOコインの登録方法は非常に簡単で10分

仮想通貨取引所おすすめ厳選3社!最初に開設すべき理由と実際の使い分けを紹介まとめ

仮想通貨取引所の口座をまず開設するという事で、厳選した3社を紹介させて頂きました。紹介した3社以外にも国内の取引所であればビットフライヤーなどがあります。

まずは紹介した3社で慣れてからこれらの取引所に口座開設してもいいかと思いますし、口座開設本人確認が終了するまでには時間がかかる事が多いので、先に登録だけ済ませておくのも手かと思います。

スポンサードリンク

JCBザ・クラスをはじめとするクレジットカード情報や航空会社マイル、ホテル上級会員等について情報発信しています。最新情報はツイッターにて告知しています。

   「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

仮想通貨取引所 おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です